飼育・飼い方

ハムスターの火葬費用はどれくらい?自分で火葬する注意点についても

昨今のペットブームの影響もあり、一般家庭でも多種多様な生き物を飼うことが増えているいま、我が家でも現在ハムスターを飼っています。

可能であれば考えたくはないですが、必ずやってくるのは別れ。

大切な家族の一員の旅立ちの時にどのように供養したらよいのか、私の実体験も含めて説明していきます。

 ハムスターって火葬できるの?

「ハムスターってとても小さいから火葬できるのかな・・・」とお思いの方もいると思います。

結論を言いますと、犬や猫などのペットと同じようにハムスターも火葬することができます。

小さいですが、お骨もきれいに残りますので安心してください。

ハムスターの火葬費用はどれくらい掛かる?

火葬にかかる費用は、おおよそ8,000円~20,000円程度です。

火葬場所や方法により異なりますので、これからご紹介します。

ハムスターの火葬方法は?

ハムスターの火葬方法は、「合同火葬」と「個別火葬」の2つから選べます。

合同火葬

他のペットと一緒に火葬する方法です。

合同で火葬する為、飼い主に遺骨は戻りません。

火葬業者へハムスターを渡し、その後は火葬業者に任せる方法になります。

これから説明します「個別火葬」に比べ、費用が安く済むので、出来るだけ費用を抑えたいという方におススメです。

火葬後は、ペット霊園や寺院の合同墓に入れることが多く、忙しい飼い主でもしっかりと供養してあげることができます。

 個別火葬

飼っていたハムスターだけを個別で火葬する方法です。

火葬に立ち会うかどうか、自由に選べます。

希望した場合は、火葬の立ち会いやお骨拾いをすることができるほか、火葬後は遺骨も返してもらえます。

遺骨が戻ってくれば、その後どのように供養するか、一度冷静に考えることもできるので、「合同火葬」と迷った場合は「個別火葬」がおススメです。

どのような流れで火葬が行われるの?

火葬を行う場合、大きく分けて3つ方法があります。

  • 自宅の付近で火葬を行う「訪問火葬」
  • 火葬施設のあるペット火葬業者・霊園で行う「施設火葬」
  • ペット火葬業者にハムスターを預け火葬を行う「個別一任火葬」

     順にご説明していきます。

     訪問火葬

    火葬炉が搭載されている火葬車で、自宅まで来てもらい、自宅や自宅付近の土地で火葬を行う方法です。

    24時間対応している業者もあり、近くにペット霊園施設がない場合でも、家で利用できるので便利です。

    費用はおよそ16,000円前後です。

     私が以前飼っていたハムスターも、この訪問火葬で個別に火葬しました。

    私の場合は、電話で問い合わせをした翌日に空きがあったため、自宅まで来てもらえました。

    火葬車の見た目は煙突が付いていましたが、通常の軽バンと同じで、周囲から見ても特別目立つことはありませんでしたよ。

    事前にハムスターの写真や好きだったおもちゃを用意し、ハムスターをタオルに巻いて火葬しました。

    火葬時間は30分程度。

    お骨拾いまでおこない、全体で1時間程度でした。

    最後に紙製の骨壺にいれて受け取り、代金を支払い、終了しました。

     施設火葬

    ペット霊園施設まで行き、施設内で火葬をする方法です。

    家族と一緒に火葬場でハムスターをお見送りして、火葬後のお骨拾いも家族でできます。

    火葬後、そのまま霊園で納骨、または遺骨も返してもらうことも可能です。

    合同火葬の場合は、費用はおよそ12,000円前後です。

     個別一任火葬 

    ペット火葬業者の人にハムスターを預け、個別に火葬し、その後遺骨を返してもらう方法です。

    火葬やお骨拾いは、火葬業者が全て行います。

    自宅まで来てもらい、受け渡しすることが出来るので、忙しい飼い主におススメです。

    費用はおよそ14,000円前後です。

     自分で火葬をすることは出来るの?

    ハムスターを自分で火葬をするのは、正直難しいと思います。

    なぜなら、法律で禁止されている「野焼き」にあたるからです。

    また自分で火葬してしまうと、焼けすぎてしまい遺骨が残らない場合があります。

    火葬炉は特別な構造になっており、温度調節ができるので、遺骨もきれいに残ります。

    上記を踏まえてハムスターを火葬する場合は、火葬業者にお願いする方が良いでしょう。

     火葬する前に亡くなっているのか確認しましょう

    ハムスターは寒くなると冬眠する場合があります。

    亡くなっていると思っていたら、冬眠していただけという可能性も。

    本当に亡くなっているのか、まず確認しましょう。

    室温を20度以上にし、温めてあげるとしばらくしたら動き出すようです。

    もし、自分で判断ができない場合は、かかりつけの動物病院で診てもらいましょう。

     最後に

    ハムスターの火葬方法はいくつかあります。

    ハムスターに対する家族の気持ちや、費用などからご自身にあった方法を選びましょう。

    また、実際にかかる費用は火葬業者によって異なるので、直接問い合わせをして確認するようにしてください。

    COMMENT

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です