ハムスター雑学

ハムスターの知能指数は人間の何歳ぐらい?虫並みに知能が低いという噂についても

つぶらな瞳に頬袋、小さい体でもりもり食べる食いしん坊で可愛いハムスター。

ちょっとぬけてておバカさんがまた魅力のハムスターです。そんなハムスターはどのくらいの知能をもっているのでしょうか?

今回は、ハムスターの知能指数について詳しくご紹介していきたいと思います。

ハムスターの知能は人間の赤ちゃんと同じ!

げっパ類といえば、ラットの知能テストを思い浮かべる人もいるのではないでしょうか?

姿はかなりかけ離れていますが、ハムスターとラットは同じげっパ類なんです。

ゴールデンハムスターなら大きさもだいぶ近いですし、うちのハムスターも本当はラット並に賢いのでは?と期待している方もいるのではないでしょうか?

 

ところがなんと、ハムスターの知能はラットに比べてかなり低いそうです。

種類にもよりますが、ハムスターの知能は人間の赤ちゃんとほぼ同じと言われています。

元は野生の動物なので、生きることに直接関わる餌やマーキングについては賢く見える行動を起こします。

 

しかし餌をくれる手は基本的に、エサであり、それを持つ手や呼び掛けを飼い主、自分と認識するのは難しいのです。

もちろん性格や個体差はありますが、ラットほどの知能は残念ながら期待できません。

 

そして、よくハムスターの知能は虫なみと言われていますが、実際はそのようなことはありません。

そもそも虫に知能と呼べる理解力はないそうです。

そのため、ハムスターと虫は全く違うということがわかりますよね。

ハムスターが時々見せる賢い行動の理由は?

ハムスターを初めて触れ合ってみて、思わず賢いなと驚いてしまうような行動を目にすることがあるのではないでしょうか。

例えば、新しいティッシュをケージに入れると一生懸命割いてベットを作る、トイレの場所を決めて必ずそこでトイレをする、餌をほっぺにためで運ぶ、などの行動が思いつきますね。

実はこれ、知能というより本能に近い行動なんです。

 

見た目からはあまり想像できませんが、ハムスターは野生では群れを作らず、1匹だけで暮らすことが多い動物です。

自分の生命を守るための強い縄張り意識がトイレやマーキングになり、飢えることのないように、頬袋がパンパンになるまで餌を集め、安心できる縄張りで食べる。

冬に擬似冬眠状態になっても大丈夫なように、暖かいベットを作るといったように、それらの行動はずっとDNAに受け継がれてきた本能による習性なのです。

知能の低いハムスターと仲良くなる方法

そこまで知能が低いと、飼い主とは仲良くならないのかな。と心配する方もいますよね。

ですが心配する必要はありません。

ハムスターの最大の能力は好奇心旺盛です。

 

人間がその好奇心に合わせて接してあげることで、この生き物は自分には害がない。と学習するだけの知能は持っています。

少しずつ、コミュニケーションをとることが必要です。

ハムスターと仲良くなるために、絶対必要な心構えをおさえておきましょう。

 

先程も説明しましたが、ハムスターは非常に縄張り意識と警戒心が強い動物です。

敵だ!と思ったものやストレスに対しては徹底的に攻撃してくるようになります。

仲良くなるためには、ハムスターがこちらに興味を示したタイミングでコミュニケーションをとる、ということを徹底してあげましょう。

手乗りハムスターを目指す方法

手乗りハムスターを目指すなら、手のひらに餌をいくつかのせ、ケージの入口に手を添えて興味を示すかじっと待ってみましょう。

もしこの時にハムスターが近寄ってこなくても、上から掴んだりしてはいけません。

匂いを嗅ぎ、安全を確かめ、ハムスターがそっと乗ってくるまで待ちます。

 

好奇心は旺盛なので、こちらが何もせず待っていれば、あそこの餌が欲しい、という好奇心が勝ち、少しずつハムスターが手に乗ってくれるようになるでしょう。

それを繰り返すうちに飼い主さんの匂いを覚え、警戒心を解いてくれるようになります。

その後は優しく背中を撫でてみたり、手の上で餌を与えてみたり、ハムスターが穏やかにしているようであれば、一緒に過ごす時間を少しずつ増やすと良いですね。

 

ここでの注意ポイントは、ハムスターは夜行性の動物ということです。気持ちよく眠っているとこを起こされると怒って噛み付いてくることもあります。

一日の動きをよく観察して、仲良くなれるタイミングを掴むことがハムスターとの楽しい生活を送れるポイントになります。

まとめ:ハムスターの知能指数について

ハムスターの知能についてご紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか?

知能はラットほどではないにしろ、根気強くコミュニケーションを取り続けた結果、飼い主さんと遊ぶことを覚え、楽しい生活を送っているハムスターもいます。

快適なベットや回し車などのおもちゃ、新鮮な餌などでハムスターのストレスを取り除くのも、ハムスターと仲良くなるためのコツになります。

ハムスターの習性と上手に付き合い、ハムスターとの楽しい生活を送りましょう。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です