飼育・飼い方

一人暮らしでハムスターを飼う人のための温度管理方法!適温を保つためには?

ハムスターを飼うときに温度管理はとても重要になります。

ハムスターは人間とは違って、体が小さく体力がないので、適切な温度管理をしないと10分ほどで死んでしまうこともあるのです。

そこで今回は、ハムスターは何度が適温なのか、夏と冬の温度管理の方法についてご紹介します。

ハムスターの適温は何度?

ハムスターが健康に過ごすための一般的な適温は20~26℃と言われています。

この適温は、ハムスターの種類や年齢によって多少変わるので注意が必要です。

適温より高かったり、低かったりすると体調を崩して弱ることがあります。

 

さらに30℃を超えると熱中症や脱水症状で、10℃を下回ると冬眠のような状態で死んでしまうことがあります。

日本の気候では、春と秋は適温を保てるところが多いと思いますが、夏と冬はそうではないので適温を保つための対策が必要です。

ケージの温度管理をしやすくするためのポイント

温度計を設置しよう

室内が適温ならばケージ内の適温であるとは限りません。

これが原因でハムスターの健康が脅かされるのを防ぐために、温度計をハムスターの手が届かないケージ内に設置をしておきましょう。

 

ハムスターの手が届く場所に設置してしまうと、ハムスターがコードに噛みついて感電してしまう恐れがあります。

また温度計が壊れたときにすぐ交換できるように予備の用意をしておくとより良いかと思います。


ケージの設置場所に気をつけよう

ケージは「直射日光があたらない」、「風通しの良い」、「気温の変化が激しくない」、「クーラーがある」の4点が揃っている場所が望ましいです。

特にクーラーは、温度管理がしやすくなるのでほぼ必須といっても間違いないでしょう

 

家の中で過ごす時間が長いリビングや人通りが少ない寝室などがオススメです。

反対に、人通りが多く温度管理がしにくい玄関や気温の変化が激しいベランダはオススメできません。

夏の温度管理の仕方

エアコンを使おう

エアコンの温度を20~26℃にして適温を保ちましょう。

何もない限り、ほぼクーラーはつけっぱなしになると思います。

電気代がかかってしまいますが、かわいいハムスターのための必要経費だと思って割り切りましょう。

 

ここで急激に温度を下げるとハムスターに負担がかかってしまいます。

急な気温の変化で人が体調を崩すのと同じようなものです。

ですから、ケージ内の温度が徐々に下がるようにクーラーの温度設定を変えるよう心がけましょう。

 

またエアコンの風が直接あたるとハムスターは嫌がります。

人なら汗をかいた後に風にあたると涼しかったり、スッキリしたりするでしょう。

 

しかし、ハムスターは汗をかかないので、エアコンの風が鬱陶しいものでしかありません。

エアコンの風が直接あたらない場所にケージを置くか、エアコンの風向きを変えましょう。

暑さ対策用のグッズを使おう

ハムスター用のひんやりするプレート天然石はネットショップなどで購入できます。

ケージの中に設置すると、ハムスターが休む場所として使ってくれます。

 

このようなグッズは、気温が高すぎると効果が薄いことがあります。

またグッズ単体で温度管理をするのは難しいので、あくまでもエアコンの補助として使う場合が多いです。

冬の温度管理の仕方

エアコンを使おう

エアコンを2026℃でつけっぱなしにして適温を保ちましょう。

こちらも急激に温度を変えるのではなく徐々に温度が変わるように設定し、風がハムスターに直接あたらないように注意する必要があります。

ヒーターを使おう

小動物用のヒーターをケージの底に設置するという方法もあります。

巣箱の下を2026℃くらいになるように暖めましょう。

ケージ内に床材を多めに入れよう

冬になるとケージ内に床材をハムスターの体が埋まるくらいまで多めにいれましょう。

床材は保温性を高める効果があり、安定した温度を保ちやすくなります。

ぬくぬくとした環境はハムスターも喜ぶのではないでしょうか。

ケージを段ボールで囲う

ケージを段ボールで囲うだけでも保温性を上げることができます。

ケージ全部を覆ってしまうと空気の流れが悪くなり、ハムスターが体調を崩してしまう恐れがあるので注意しましょう。

あわせて読みたい
ハムスターの寒さ対策10選!段ボールやタオルでの防寒対策についても人間と同じくハムスターも冬支度は必要です。 ハムスターのような体の小さな動物は、そもそも余り寒さには強い生き物ではありません。 ...

その他の注意すること

定期的に温度の確認をしよう

定期的に温度計を見る癖をつけておくことをオススメします。

ケージ内で異常なことが起きたときに素早く対策が打てるようにするためです。

ハムスターは、適温以外の環境だと10分ほどで死んでしまうことがあるので特に重要です。

あわせて読みたい
ハムスターの火葬費用はどれくらい?自分で火葬する注意点についても昨今のペットブームの影響もあり、一般家庭でも多種多様な生き物を飼うことが増えているいま、我が家でも現在ハムスターを飼っています。 ...

まとめ:温度管理を徹底してハムスターを健康に飼おう!

ハムスターが健康に過ごすための一般的な適温は1826℃で、その対策を夏と冬を中心に紹介しました。

人が心地よく過ごせる環境にしてあげると、ハムスターは健康に過ごしやすくなるということが言えます。

ハムスターは人と比べて繊細な部分があるので、そこは注意する必要があります。

ハムスターと一緒に健康に夏と冬を健康に越せるようにしっかりと対策をとっておきましょう!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です