飼育・飼い方

ハムスターの巣箱をダンボールで作っても大丈夫?手作りする際の注意点についても

みなさんこんにちは、ハムスターを飼っている方、これから飼いたいなと考えている方きっとお役に立てると思いますので、ぜひ読んでください。

ハムスターを飼う際に巣箱って悩みますよね?

 

市販のものが飼っているハムスターに適応するのか、どのぐらいの値段するのか?結構悩むと思います。

私も最初にハムスターを飼った時になかなか市販の物だとハムスターが慣れてくれませんでした。

 

そこで私は手作りで巣箱を作ろうと考えたのです。

幸いなことに、父が建築関係の仕事をしており、材料がたくさんあったので、実際に巣箱を手作りしました。

ハムスターの巣箱はダンボールで作りましょう

ハムスターの巣箱を手作りしようと思うとまず最初に木材で作るのをイメージしますよね。

市販でよく見るのも木材で作られた巣箱が多いです。

私もそうでした。

 

それに私の父が建築関係の仕事だったため、余った木材が山の様にあったので、木材で巣箱を作りました。

硬く丈夫な巣箱はできますが、上手くできていないと棘ができます。

するとハムスターに傷をつけてしまいます。

 

野生でも生きていけるのだから心配ないだろと思われる方もいると思いますが、ハムスターはすごく臆病で警戒心が強いです。

一度自分の体に痛い思いをしてしまうとなかなか近づことはしません。

現に私が木材で巣箱を作った際に棘ができてしまい、その棘に引っかかってしまったのか、その巣箱には近づこうとはしませんでした。

 

ダンボールだと棘ができる心配は木材で作ることに比べたらよほどマシです。

ダンボールを切っても棘はできにくいし、木材に比べて柔らかいので、たとえ棘ができたとしても、ハムスターに傷がつきにくいです。

また、木材は出入り口を作るのがとても大変です。

 

木材に穴を開けようと思うと木材が割れたりダンボールより木材を切るのに時間がかかってしまいます。

なので木材で作るより断然ダンボールで作る方が安全で楽に早く作ることができます。

よくダンボールだと食べてしまわないのかと気にされている方もいますが私は二匹のハムスターを飼ってきましたが今までダンボールを食べているところや食べた形跡を見たことはないので問題はないかと思います。

最低三箇所は部屋を作ろう

ハムスターはとても繊細な生き物です。

人間が目的、用途に合わせて部屋を分けている様にハムスターも部屋を分けています。

私がハムスターの巣箱を作った時に大きな一つ部屋をまず作りましたが、気に入ってもらえず、すぐにその巣箱をでてしまいました。

 

人間が寝床やリビング、トイレで分けているようにハムスターも分けているのです。

それが分かったのは大きな一つ部屋を作った際に、ある程度食事の残骸、トイレをした形跡、そして寝床であろう木屑がたくさんあるところが分かれていたのです。

それをみた時に一つ部屋ではいけないのだと思い、三箇所の部屋のある巣箱を作りました。

 

一つはおおきな部屋を作りそこに餌を置き、もう二つは木屑を多めにいれました。

すると見事に三箇所の部屋を使い分けてくれるのです。ハムスターも人間の様に部屋を使い分けて生活をしているので最低でも三箇所は必要になります。

遊ぶ場所を用意しよう

先ほど最低でも三箇所は部屋が必要といいましたが、欲を言うならばハムスターが体を動かせる場所があるとなおいいです。

私が飼っていたハムスターは先ほどお話した三箇所の部屋がある巣箱を、最初に作った大きな部屋一つの巣箱に比べたら長く使ってくれましたが、それでも飽きるのかあまり気に入ってくれているような感じではなかったのでなかなか私自身に慣れてくれるのに時間がかかりました。

 

それに思いっきり体を動かせれる様な物を置いていなかったのでハムスターが標準と比べて太ってしまい早くに亡くなってしまいました。

そこで二匹目を飼いその時は、同じ様に三箇所の部屋を作りプラス、遊具もつくりました。

遊具といっても階段や滑り台、踏み台なのでとても簡単にできます。

 

遊具を作ったためハムスターを飼うには大きい巣箱ができてしまいましたがとても気に入ってくれて、体もすごく動かしてくれました。

二匹目のハムスターは頑張って巣箱を作った私を認めてくれたのか最初のハムスターに比べて私自身に慣れるのが早く、人懐こいハムスターになりました。

そして体もたくさん動かしてくれたので標準通りの大きさで3年以上生きてくれました。

まとめ

今後ハムスターを飼う方、今飼っていて巣箱を手作りしようと思っている方、ぜひ木材で作るよりは簡単で安全なダンボールをお勧めします。

ただし、先ほどお話しした様に、部屋を最低でも三箇所作り、遊び場所を用意すること、遊べる遊具は作るか新たに購入し巣箱に入れてあげてください。

ハムスターは繊細です。

健康管理を怠っていると亡くなってしまいます。

ハムスターが長生きできるかは巣箱を上手に作れるかで大きく変わってきます。

みなさんハムスターと長く楽しい時間を巣箱で作ってください。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です