エサ・食べ物

ハムスターにレタスを与えるのは大丈夫?問題なく食べれる量や致死量についても

ハムスターの、たべている姿ってなんであんなに可愛いんでしょうね。いつも眺めてしまいます。小さい口で一生懸命食べている姿がたまらなく好きです。

そんなハムスターはレタスを食べることって可能性なんでしょうか?人間でも大人気のレタス。おいしいくてサラダに欠かせないですよね。

結果を先に言ってしまいますが、ハムスターにレタスを与えることは可能です。ですが、キャベツと比べるとかなり注意が必要な野菜になります。本来なら避けて欲しい野菜になります。

動物病院の先生がいう、食べさせてはいけない食べ物の中に、レタスが入っていました。

絶対に食べちゃいけないわけではないのですが、それほど危険があるということですよね。

どんな危険があるのか?どう与えれば大丈夫なのか?ハムスターにとってのリスクなど、レタスについて説明していきたいと思います。

レタスには栄養価、ハムスターに必要?

レタスには、食物繊維や、カルシウム、ビタミンが含まれていますが、他の野菜と比べると圧倒的に栄養価が少ないです。

レタスを与えても、ハムスターに栄養としての要素がないから与えないでリストに入っているというのもあります。

レタスを与えるならキャベツの方が全然良いでしょう。

皆さんはレタスの水分量ってご存知ですか?

100g中95gなんです。スイカより水です。

このことから、与えすぎてしまうと下痢になってしまう、ということがわかりますよね。食べ物というよりは、水分ということになります。

 

ただ、病気や怪我で給水器から水を飲めなかったり上手く使えなかったりした時に、レタスを与える。という方法もあります。

ハムスターに水分は絶対に必要です。なのでそういった場合にレタスを与えるのは良いことでしょう。

レタスの与え方

レタスの量は1g程度にしましょう。

そして、与える頻度は、暑い時期限定にして週に1回です。必ず夏だけにすること。

毎日与えるのは絶対にやめましょう。

そして必ず健康なハムスターに与えるようにすることです。

キャベツと同様、新鮮な部分を手で直接与えましょう。食べなかった分はすぐに処分すること。生野菜は全て、手で与えて食べないぶんは捨てるようにしましょう。

巣箱に持ち帰るのは危険です。巣箱の中は見えにくく、そのまま隠し持っていて腐ってしまい、その腐った野菜を食べたら確実に下痢になってしまうし、病気になる可能性もかなり高くなります。与え方は十分に注意をしてくださいね。

 

そして下痢になるというのは、ハムスターにとってとても危険な状態になります。

人間はただお腹をくだした、変なもの食べたかな?くらいで済みますが、ハムスターは非常に脆弱な動物です。

下痢になって死に至ることもあります。

なので、レタスをあげる際には必ず適量、頻度を守るようにしてください。

極力レタスは与えないようにしてください。

様子がおかしいと思ったらすぐに病院に連れていくようにしましょう。

レタスを与えるメリットデメリット

メリット

病気や怪我の時に水分補給として使うことができて、食感がよいので多少のストレス解消になる。

デメリット

水分が多いので下痢になる危険性がたかく、生物なのですぐ腐り、菌がついてしまう。

栄養がすくない。

 

このようにメリットよりデメリットのほうが多く、特に下痢になる可能性が高いので、与えるのを控えたほうが良いかもしれませんね。

 

さらに、葉物野菜には硝酸塩が含まれています。硝酸塩はガンを誘発するので気をつけた方が良いです。

レタスだけではなく、ほうれん草やチンゲン菜、白菜、さやいんげんも危険なので控えましょう。

茹でれば野菜に含まれる硝酸塩は減るので、どうしてもあげたい場合は、葉物野菜は茹でてから与えるとまだ、安心かもしれません。

365日、毎日葉物野菜を生のまま大量に食べさせていないのであれば、硝酸塩はさほど気にする必要はないと思います。

 

ですがレタスを与えるメリットは何も無いということです。

まとめ

ハムスターにレタスを与えても大丈夫か?というお話をしましたが、いかがでしたでしょうか?

葉物野菜の恐ろしさがわかりましたよね。私ももっと気をつけていかなければいけないなと思いました。

 

  • レタスに栄養価は少ない
  • レタスの水分量は95%ほぼ水
  • 食事ではなく給水と考えて与える
  • 適量は、1g
  • 頻度は暑い時期に週に1回
  • 下痢は死に繋がる怖い病気

 

これが今回のまとめになります。

人間とは違い、ハムスターの下痢は本当に危険です。死に繋がってしまう恐ろしい症状になります。

ハムスターに危険ということが分かっていても与えたい!という人はなかなかいないと思います。

ですが万が一それでもあげたいと思う方もいるかもしれません。

そういった方は、適量、頻度をしっかりと守り、食べたあともしっかりと観察するようにしてください。

ハムスターが元気で健康で長生きできるように育てていきたいですよね。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です