エサ・食べ物

ハムスターはもやしを食べる?生か茹でるか、何本まで与えていいのかについても

しゃきしゃきとした食感が人気のもやし、価格も安く、食卓のお供に最適な食材です。

ハムスターももやしを食べられますが、栄養価がとても低いため水分補給が主な目的となります。

またシャキッとした食べ応えがあるため嗜好性が強く、喜んで食べるハムスターも多いようです。そしてなんと言っても、手に持って食べる姿がかわいいというメリットがあります。

今回は、ハムスターのもやしについてご紹介していきたいと思います。

ハムスターのもやしの与え方

もやしを与える前に下準備が必要です。

内容はとても簡単で、買って洗って水気を切るだけです。

もやしの種類

もやしには緑豆もやし、大豆もやし、ブラックマッペもやしの3種類があります。

スーパーでよく売られているもやしは、緑豆もやしで、どのもやしを与えても問題ありません。

新鮮なもやしを準備する

もやしは傷みやすいため、スーパーなどで購入した新鮮なもやしを与えるようにしましょう。

もやしを日持ちさせたい場合は、袋から開封し、水にさらした状態で冷蔵庫に入れると日持ちするようになります。

もやしをを洗う

買ってきたもやしを水にさらしてしっかりと洗います。

野菜をハムスターに与える場合は事前に洗ってから与えましょう。

農薬や土などの純物質を除くことができます。

ゆでる必要はない

もやしはゆでる必要はありません。

小松菜やほうれん草などの場合、ゆでることでシュウ酸を取り除きますが、もやしにはゆでて除去すべき成分はありません。

生のまま与えましょう。

もやしの水気を切る

洗ったもやしの水気を、クッキングペーパーなどで拭き取ります。

もやしは水分が多いため、余計な水気は切るようにしましょう。

以上が下準備になります。

ハムスターに与えるもやしの適量・頻度

もやしを与える際は1本を手渡しであげてください。2本は過剰です。

エサとしては、ほぼ機能しませんので、時折おやつ兼給水として与えるようにしましょう。

夏であれば、週1~2、それ以外であれば週1ほどです。

 

もやしでお腹いっぱいになると、ペレットを食べてくれなくなる場合があるので、与える量はしっかりと守りましょう。

そしてもやしは腐りやすいため、もし食べ残したもやしがあったら、ケージから取り出してください。

 

季節によっては1日持たずに傷む場合があり、傷んだもやしをハムスターが食べると下痢になる恐れがあります。

以上がもやしの与え方になります。

もやしの栄養価・水分量・カロリー

カルシウム

微量ではありますが、もやしにはカルシウムが含まれています。

100gあたり10mgです。チーズなどに比べても微量です。

葉酸

DNAなどの合成に役立つ葉酸も微量に入っています。

ビタミンC

ビタミンCも入っていますが、レモンやみかんなどとは比べられないくらい微量です。

100gあたり8mgとなっています。


その他にも、カリウムやアスパラギン酸がありますが、やはり含有量は少ないです。

もやしのカロリー

もやしのカロリーは100gあたり14カロリーです。

びっくりするぐらい低いです。

もやしの水分量

もやしの水分量は、100gあたり95.4gとなっています。もやしはほぼ水です。

この水分量はレタスと同程度となっており、トップクラスの水含量です。

水分量が高すぎるため、与える際は1本で十分です。

与えすぎると下痢になる恐れがあるので注意してください。

ハムスターにもやしを与えるメリット、デメリット

  • もやしは水分しかないと思われがちですが実は、便秘解消の食物繊維や、疲労回復のアスパラギン酸が含まれています。
  • もやしは嗜好性が高いので、ハムスターも喜んで食べてくれることが多いです。
  • もやしは水分が多いので、与えすぎると下痢になってしまう可能性があります。
  • もやしは豆からできていますが、豆はハムスターにとって有害です。成長を妨げたり、消化することが出来ず最悪の場合、死にいたります。

もやしを与える時は、豆の部分を絶対に取り除いてたげてから与えるようにしましょう。

もやしは傷みやすいです。

購入したばかりのもので、新鮮なものなら大丈夫ですが、購入してから日にちが経っていたり、傷んでいるものは絶対に与えてはいけません。

まとめ:ハムスターにもやしを与えてもいいのか

ハムスターのもやしについてご紹介して来ましたが、いかがでしたでしょうか?

もやしの与え方は、よく洗い豆の部分を取り除いて、生のまま与えましょう。適量は1日1本、1週間に1回程度になります。

ハムスターがもやしを食べている姿はかわいいです。

しかし注意しないとハムスターが体調を崩してしまいます。

もやしを与える際の注意点をしっかり守って新鮮なものを食べさせてあげましょう。

ハムスターが少しでも長く元気でいられるには飼い主さんの、理解や飼育が大切です。

そして毎日与える餌は特に大切です。与え方や与える量、頻度をしっかり守るようにすれば、ハムスターとの信頼関係も深まっていきますよ。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です