飼育・飼い方

ハムスターの臭いの原因と対策について!匂いを消すにはハム用ファブリーズ?

ハムスターを飼っていて、ケージが臭うということ、ありませんか?

ハムスターはほとんど臭いのしない生き物と言われていますが、ケージの掃除などがきちんと出来ていないと、すぐに嫌な臭いがしてしまいますよ。

今回はハムスターの臭いの原因と対策について、お伝えしていきます。

もそもハムスターは臭いがするの?

ハムスターは体が小さく、体臭も薄いので、気になるほど嫌な臭いも飼っていてほとんどしません。

 なので、臭いの原因のほとんどは、環境や日々のお世話によるものです。

その点を踏まえ、しっかり対策していましょう。

ハムスターの臭いの原因

ハムスターの臭いの原因は、主に下記の3つになります。

  1. おしっこが臭う
  2. 餌の食べ残しが腐っている
  3. 体臭で臭っている

    おしっこが臭う

    ハムスターの臭いが気になる場合、そのほとんどが『おしっこ』が原因です。

    ハムスターを飼うときは、ハムスター用のお家に、トイレトイレ砂を用意しましょう。

    ゴールデンハムスターなどは1ヶ所にトイレを決めるので、もしかしたらトイレにしてくれるようになるかもしれませんよ。

     

    トイレ砂やウッドチップを使っていれば、消臭効果などがあるため、ほとんど臭いません。

    しかし、2日以上トイレを放置していたり、巣箱の中でおしっこをしていたりすると、臭いが籠って蒸れて臭くなります。

    またハムスターのうんちは乾燥しているので、ほとんど臭いません。

    餌の食べ残しが腐っている

    ハムスターにあげたキャベツやニンジンなどの生野菜が夏場など放置すると腐り、嫌な臭いとなってしまうことがあります。

    生野菜を与えたあとは、食べ残しは回収しましょう。

     

    また餌の食べ残しだけでなく、飲み水が古くなったり、給水ボトルから垂れた水が床材を濡らしたりすることが原因で、悪臭が出る場合があります。

    12回はケージの中の大掃除をすることで清潔に保てます。

    体臭で臭っている

    ハムスター自体はそれほど臭いはありませんが、ハムスターに尿や汚れがついていると、臭う場合があります。

    そのようなときは、歯ブラシなどで優しくブラッシングをしてあげたり、また固く絞ったタオルで優しく撫でてあげましょう。

     

    ※お風呂にはいれてもいいの?

    ハムスターはお風呂は不要と言われています。

    またさらには健康のためにはNGとなっています。

    もともとハムスターは砂漠や草原などに生息する生き物なので、お風呂は不要です。

    またハムスターの毛は短く密集しているので、乾きにくく体温調節が苦手なハムスターは体調をくずしてしまいます。

    ハムスターの臭い対策・対策グッズは?

    ハムスターの体臭予防やケージの中の臭い対策を日常的にしっかりすれば、

    事前に臭いの原因を防ぐことができますよ。

    たっぷりの床材&こまめな取り替え

    床材をたっぷり敷くことで、まずハムスターの体臭原因となる汚れを落とすことができます。 

    床材をたくさん敷いてあげることで、ハムスターはこの中をもぐり動き回るので、自然とハムスターの毛と床材が擦れ、汚れが落ち、毛並みも良くなります。

    ペットショップには、床材にウッドチップやペーパーチップ、牧草など取り扱っていますので、ご自身のハムちゃんの好みに併せて、敷いてあげてくださいね。

     

     また床材は汚れたら交換するようにしましょう。

    床材でおしっこやうんちをするようなら、すぐに交換するようにしましょう。

    1回はケージないの掃除と床材の全交換をすることで、より清潔な状態に保てます。

     

    ただ、こまめな取り替えはハムスターは嫌がりますので、あくまで汚れたらの交換にしましょう。

    ケージの中に余裕があれば砂場をつくってあげましょう

    ハムスターは砂遊びも好きなので、砂でからだの汚れも落とすことが出来ます。

    砂が飛び散らないように、屋根付きのハムスタートイレを使うのがおすすめです。

    トイレを覚えさせる

    トイレを覚えさせていないハムスターはそこらじゅうにおしっこをしてしまい、掃除の手間がかかってしまいます。

    また頻繁に掃除をしないと、かなり臭いがしてしまいます。、

     

    なので、トイレを早めに覚えさせて、トイレの砂のみを頻繁に交換すればよいというふうにしておくと、

    かなり楽ですよ。

    ケージを金網タイプにする

    ケージがプラタイプや水槽タイプですと、湿気や臭いが籠りやすくなってしまいます。

    なので、金網タイプで風通し良くすると、臭いが籠りにくくていいですよ。

    ただ、金網タイプだと噛み癖がついてしまうので、その危険性については理解しておいてください。

    消臭スプレーを使う

     消臭スプレーを使用する際は、必ずペット用のものを使用してください。

    ファブリーズやお部屋用のもの、たとえ人間用は無臭であっても、ハムスターにとっては香りが強く、良くありません。

    なぜなら、ハムスターは自分の臭いで縄張りを認識しているので、その臭いを消して他の臭いをかけてしまうと、不安やストレスを感じやすくなってしまうからです。

     

    ペットショップに行けば、天然主成分で舐めても大丈夫なものがあります。

    また除菌消臭効果のあるものや、意外と安価で売っているものもあるので、探してみてください!

    まとめ

    いかがでしたか?今回はハムスターの臭いの原因、ハムスターの臭い対策について、お伝えしてきました。

    飼い主さんもハムスターも、ストレスなく気持ちよく一緒に暮らしていくためにも、臭いが発生する前にきちんと理解し、事前に対策しておくことが、とても大切です。

    ぜひ、これを参考に試してみてください!

    COMMENT

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です